行政代執行により家が壊されそうになったところ30歳の山田涼介似の旦那がショベルカーを蹴飛ばし、ショベルカーを木っ端微塵に跡形もなく壊してしまいました。 山田涼介似の旦那が戒告をガン無視したため行政代執行により家を壊されかけたので旦那がブチ切れてショベルカーを蹴飛ばしたところショベルカーが粉々になってしまい跡形もなく壊れてしまいました。 ショベルカーの持ち主である委託先の会社からは、修理代と慰謝料を請求され、行政庁からはこっぴどく怒られました。行政代執行により壊されかけたことろを阻止したがために壊してしまった場合でも修理費はこちらが負担しなくてはならないのですか?依頼した行政庁が負担するが普通ではないのですか?

リンク(外部サイト)



スポンサードリンク