TOKIOの山口達也の報道が他人事とは思えず辛く悲しい気持ちが込み上げてきます。 身近な人に言えないのでここで話させてください。 私の父親はアルコール依存症です。 小学生高学年あたりから自分の父親が他と違うことに気づきました。 中学生の時が一番ひどく、朝から酔って昼間寝てまた夜中暴れ、ものを破壊、暴言、食べ物を粗末にすることが毎日でした。 私は死ねと言われ、弟は首を絞められました。 夜眠れなくなり、私と弟は結果的に不登校になりました。心療内科にも通っています。 高校の時は父親を何回も入院させましたが酒を止めることができませんでした。 今私は大学生です。今の父親はもちろん酒をやめていません。 父親が働いている記憶はほぼありません。 母にお金をせびる姿を毎日見ています。 お金を渡さないと渡すまで大声を出して怒りをあらわにしたりして結局渡してしまいます。他に収入はありません。 渡すといってもタバコを買うお金くらいですが。 タバコの量、酒を母が制限しているため父親はお金を盗みました。仏壇や、私が留守だった時に親戚がきて、お年玉渡しといてねと父親に言ったのをがめたり、もう家に現金を置いておけません。 更生施設、病院に行きましたが、セクハラとモラハラで追い出されました。 去年酔って自殺未遂(3回目)をし、飲酒運転で単独事故。足を引きずって歩いています。 冒頭に戻りますが、酔ってセクハラしたアイドルが記者会見し活動を辞めたというニュースを見て辛くなります。 あの人はたしかに悪いことはしたけど、働いていたしお金もあります。 私の父親は働いてないのでもちろんお金がありません。入院費や事故での通院費、全部母が出しています。私の学費に使うつもりだったお金も使い、奨学金を借りることになりました。 母の口癖はお金がないで、いつも今月はいくら赤字だったとか入院費がこれくらいだとか聞かされ、お金に敏感というかケチ?になりました。 父方の祖父母から多少の支援はありますが高齢でもあるのでもう父に死んでくれという感情以外ありません。 芸能人の不祥事や虐待を受けた子の死は大々的に取り上げられるのに、今辛い人たちのことは取り上げられません。 自分だけが辛いんじゃないとかあの子の方がもっと辛いという言葉はおかしいと思います。 その人が辛いと思ったら辛いんです。私は父親から手を出されたことはありませんが、手を出された子の方が辛いんじゃないかと言われたら何も言えないです。 私は、アルコールを飲んで気分が良くなり騒いでる人を見ると父親を思い出して見ていられなくなります。 自分の恋人にもお酒をあまり飲んで欲しくないです。言えないですが…。 お酒をおいしそうに飲むCMも見たくないです。 この世からアルコール依存症が消えることはないんだと思うととても悲しいです。

リンク(外部サイト)



スポンサードリンク